冷凍食品と冷凍食品のネット通販購入時の注意点

ネット通販利用上の注意点と食品購入

ネット通販と利用時の注意点

数ある通販の中でも、インターネットインフラの整備とインターネット端末としての機能を備えたスマートフォンの普及によって、従来の通販の主体だったテレビやラジオ、カタログといった通販を凌ぐ勢いでネット通販は広く普及し、今や通販の主流はインターネットを介したネット通販であると言っても過言ではないでしょう。

ネット通販は、基本的にインターネット上にあるネット通販サイトやオークションサイトを利用するもので、実店舗を要さないのみならず、場所や距離を度外視した商品が販売されているだけでなく、規格外品をはじめとした、いわゆる訳あり商品を安価で購入することもできます。
商品の実物を確認することができない点やお住まいの地域に応じ送料も変わってくる点にはご注意ください。

ネット通販で食品を購入

幅広いジャンルの様々な商品を扱うネット通販では、インスタント食品やレトルト食品、缶詰、冷凍食品といった、比較的長期的な保存がききやすい商品に限らず、生鮮食品の購入も可能となります。
生鮮食品は鮮度が重要となることから、ネット通販に特有の商品を直接確認できなかったり、地域差による影響が出てしまったりしやすく、ネット通販のデメリットが強く反映されやすくなってしまうのです。

そのためネット通販の黎明期においてであれば、食品を購入する際、生鮮食品を避けることがセオリーでした。
ネット通販が広く普及する過程でインターネット上の通販サイトやオークションサイト上の出店者間の競争によって、生鮮食品の質が向上したことに加え、生産者側が消費者に届くまでの時間も考慮し始めた結果、商品の画像や配送地域の限定などを行うようになったことから、消費者が注意を払えば生鮮食品の購入も難しくはなくなってきました。