冷凍食品と冷凍食品のネット通販購入時の注意点

食品添加物が体に悪いことへのエビデンスと冷凍食品の安全性

冷凍食品は下処理を施され低温で急速に冷凍されて、情報が添付された包装が適切に施された後、消費者が購入可能に至るまでの過程で常にマイナス18度以下での保存が行われたものを指します。利便性に長けバリエーションも豊富ですが、含有される栄養素の偏りや食品添加物が含まれていることが懸念されます。

冷凍食品とメリットやデメリット

スーパーやコンビニで購入可能なお弁当や総菜類、保存性に優れたインスタント食品・レトルト食品・缶詰・冷凍食品、お菓子類や清涼飲料水など、様々な食品の保存性を高めるために保存料として添加されている食品添加物。
食品添加物の過剰摂取による健康被害が懸念されており、一般的に健康を害する、つまり体に悪いものと見做されてしまいがちです。

もちろん、現在は日本国内で使用されていない、発癌性物質を多く含むような食品添加物が危険視されることは当然のことなのですが、日本における食品添加物への不信はエビデンスに基づいたものというよりも、極端な論法による過程を度外視した結論で注目を集めたい記者や作家によって広められたイメージが強いようです。
炭酸飲料に長時間義歯を漬け込んだ結果、義歯が溶けたという暴論で、炭酸飲料が虫歯を招くという偏ったイメージが広められたことに近しいものがあります。

かといって、食品添加物が完全に安全であるというわけではなく、基準値以上に摂取してしまうと体に悪いことは否定の余地はないでしょう。
全ての食事をインスタント食品・レトルト食品・缶詰・冷凍食品で賄ったり、お菓子類や清涼飲料水を過度に摂取したりしなければ、食品添加物による悪影響が出るとは、ほぼありません。
添加物が添加されていない食品であっても過度の摂取が悪影響を招くことを考慮すれば、食品添加物の危険性は摂取量以外、過剰に警戒する必要がある程ではなく、食品添加物無使用の商品も少なくない冷凍食品なら、インスタント食品やレトルト食品、缶詰といった保存がきく食品、お菓子類や清涼飲料水などの娯楽食品などに比べ、安全性が高いものを選びやすいでしょう。

ネット通販利用上の注意点と食品購入

ネット通販は、多様な商品が販売されているだけでなく、規格外品を安価で購入することもできるものの、商品の実物を確認することが出来ず、地域差もあり、食品の中でも鮮度が重要な生鮮食品の購入には、特に適しませんでした。近年は商品の品質やサービスが向上したため、通販での食品の購入も選択肢に入っています。

冷凍食品をネット通販で購入する場合のポイント

生鮮食品と同様に食品でありながらも、保存がききやすい冷凍食品は、商品を直接確認できなかったり、地域差が顕著に現れたりするネット通販をローリスクで行えます。生鮮食品よりはネット通販との相性が良いのですが、適切な温度管理を求められるため、宅配ボックスや発泡スチロールによるフォローが必要です。